喫煙問題 - 分煙・空気清浄ガイド

喫煙問題

喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文、喫煙問題説明文。

喫煙問題

改正健康増進法では、第一種施設(学校・病院・官公庁など)の屋内と敷地内を原則として禁煙としています。ただし、厚生労働省令に基づく条件を満たせば、例外的に第一種施設でも「特定屋外喫煙場所」を設置できます。この記事では、屋外喫煙における課題を踏まえつつ、第一種施設・第二種施設の喫煙ルールや特定屋外喫煙場所の概要などについて解説します。

健康増進法が改正され、オフィスなどでも原則屋内禁煙となりました。一方で、病院や行政機関などは屋内だけでなく敷地内も原則禁煙です。喫煙所とはどのようなものか、屋内喫煙室の種類、屋内・屋外に喫煙所を設置する際のルール、喫煙所設置に関する経過措置などを解説します。

非喫煙者の方へ向け、加熱式たばこのイメージや喫煙者へ求めること、改正健康増進法への意見や理想のオフィス環境などを伺いました。喫煙者・非喫煙者ともに快適に過ごせる環境作りのために、ぜひ参考にしてください。

加熱式たばこの喫煙環境に関して、何らかの不満を抱えている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、加熱式たばこの現状を踏まえつつ、ユーザーの悩みや喫煙所に求められる条件、悩みを解消するアイデアをまとめました。

近年、ユーザーが増えている「加熱式たばこ」。従来の紙巻きたばこから切り替えを検討している方も多いことでしょう。そこで今回は、加熱式たばこの概要やメリット・デメリット、ユーザーを取り巻く状況などについてまとめました。

工場の運営においても環境問題への対策は重要な課題の一つです。では、工場が取り組むべき環境問題や改善策とはどのようなものなのでしょうか。今回の記事では、工場が抱える環境問題や取り組むべき対策方法を解説します。また、工場の労働環境向上に役立つ空気清浄機も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

たばこ規制の厳格化や喫煙所の閉鎖、健康志向の高まりなどにより、日本の喫煙率は年々減少傾向にありますが、まだまだ喫煙者は少なくないため、飲食店などの事業主は、受動喫煙対策を行わなければなりません。今回の記事では、飲食店が行なうべき受動喫煙対策や喫煙室を設置できる条件について解説します。

2020年4月1日から施行された改正健康増進法により、受動喫煙対策は企業が果たすべき義務の一つとなりました。近年は受動喫煙に関連する「スモハラ」が増えているため、そちらも踏まえて対策を講じなければなりません。このの記事では、職場に求められるスモハラ対策や逆スモハラについて解説します。

受動喫煙は非喫煙者にも多大な健康リスクをもたらすので、企業はきちんと対策を検討する必要があります。しかし、実際のところ受動喫煙対策がどの程度行なわれているのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、受動喫煙対策の概要を踏まえつつ、職場における受動喫煙の実情および企業が取り組むべき対策をまとめました。

喫煙所を設置・運営するにあたって、考慮しなければならない課題の一つが「掃除」です。掃除を怠った場合、喫煙所の環境が悪くなるだけではなく、罰則の対象になる可能性もあります。そこで今回は、喫煙所の基本的な掃除方法を踏まえつつ、掃除を怠ることで生じる問題について解説します。おすすめの分煙対策についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。