分煙・空気清浄ガイド

2020年4月、改正健康増進法が全面施行され、多数の利用者がいる施設などでは原則屋内禁煙となったほか、学校や病院などの施設では屋外を含めた敷地内が原則禁煙となりました。また、法改正により、事業所や飲食店も事業の内容や経営規模に応じて喫煙が制限されるようになりました。本記事では、改正健康増進法やその他の関連法案の内容を確認しながら、受動喫煙防止のためのルールを守らなかった場合の罰則について解説します。

タバコの煙には多くの有害物質が含まれており、その影響は喫煙者本人だけでなく、周囲の人々にもおよびます。健康被害を防ぐためには、タバコの煙の健康リスクを理解し、必要な対策を講じなければなりません。本記事では、タバコの煙が健康に与える影響と、企業が行なうべき受動喫煙対策について解説します。望まない受動喫煙を防ぐためにも、対策を積極的に行なっていきましょう。

近年、日本では人々の健康を守る取り組みの一環として、受動喫煙を防ぐためのルールづくりが進められています。そのルールを把握するにあたって、押さえておきたい知識が「嫌煙権」です。今回は、嫌煙権の概要や動向、分煙の必要性について解説します。

健康増進法の改正により喫煙のルールが厳しくなり、ホテルでも客室以外は原則屋内禁煙になりました。しかし、喫煙を望む宿泊客もいるため、喫煙者と非喫煙者のどちらにも満足してもらえるよう対策が必要です。そこで本記事では、ホテルでの喫煙場所のルール、喫煙所設置の条件や助成金、分煙キャビンなどについて説明します。

近年「電子タバコ」の使用者は増加傾向にあります。そのため、事業所で健康増進法の改正に対応してきた責任者・担当者の方も、電子タバコをどう扱えば良いかわからず、困っているのではないでしょうか。本記事では、電子タバコが健康被害をもたらす可能性について説明します。電子タバコを分煙対象とするか、判断する材料として参考にしてください。

従来の紙巻きタバコに代わり急速に普及しています。加熱式タバコは、タバコ葉を直接火で燃やさず、加熱して蒸気を吸うため臭いが少なく、煙や灰が出ない点が特徴です。紙巻きタバコと比べ有害物質が少ないといわれていますが、健康に影響はあるのでしょうか。この記事では、加熱式タバコの主流煙・副流煙に含まれる有害物質や、健康に与える影響などを解説します。

新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行が続いていますが、新型コロナウイルスの感染経路については諸説あり、近年では「空気感染」が主であるとされています。そこで今回は、空気感染の基礎知識を踏まえつつ、「飛沫感染」との違いや有効な対策方法について解説します。

日本では業界・業種を問わず、分煙化・禁煙化が進められています。この記事では、レストランで分煙・喫煙スペースを設けるために必要なこと、喫煙室に求められる基準などについて解説します。

店舗や施設での分煙は、2020年4月1日より全面施行された改正健康増進法に従わなければなりません。この記事では、分煙に関する正しい定義や、改正健康増進法に基づく分煙のルールなどについて紹介します。

2020年4月1日より改正健康増進法が全面施行され、屋内は原則禁煙となりました。屋内で喫煙するためには、しっかりと分煙できる喫煙室の設置が必要です。この記事では、国が認めている4種類の喫煙室の特徴や職場での喫煙の方法、喫煙室の設置が難しい場合の解決法を解説します。