分煙 - 分煙・空気清浄ガイド

分煙

分煙説明文、分煙説明文、分煙説明文、分煙説明文、分煙説明文、分煙説明文、分煙説明文、分煙説明文、分煙説明文、分煙説明文、分煙説明文。

分煙

改正健康増進法の施行により、飲食店の分煙ルールが強化されました。しかし、まだまだ分煙対策が追い付いていない飲食店も多いのが実情です。そこで、クリーンエア・スカンジナビアは、飲食店の分煙対策について、2022年11月に独自のアンケートを実施しました。この記事ではアンケート結果をお伝えするとともに、分煙対策関連の助成金についても紹介します。

昨今の社会情勢や法制度の変化にともない、喫煙を取り巻く環境は変わってきました。企業には、社内の非喫煙者と喫煙者が、意見の対立なく働ける環境を整備することが求められています。そこでクリーンエア・スカンジナビアは、喫煙者に対する独自アンケートを2022年11月に実施し、喫煙者の現状と喫煙にまつわる悩みの傾向について考察しました。

2020年4月1日以降、改正健康増進法の全面施行で施設内は原則禁煙になり、室内の喫煙室は屋外排気が義務化されました。今回は、会社(オフィス)での分煙対策の歴史、屋外排気の喫煙室のメリットとデメリット、社内の分煙化における課題、社内喫煙問題が訴訟に発展した事例などについて解説します。

2003年に施行された健康増進法により、飲食店も公共の場と位置づけられ、受動喫煙防止対策が努力義務として求められています。吸う人、吸わない人どちらも飲食店を快適に利用できる環境を目指して、全国の飲食店の受動喫煙防止対策を推進する、全国飲食業生活衛生同業組合連合会の専務理事 小城哲郎さんにお話を伺いました。

近年、日本では人々の健康を守る取り組みの一環として、受動喫煙を防ぐためのルールづくりが進められています。そのルールを把握するにあたって、押さえておきたい知識が「嫌煙権」です。今回は、嫌煙権の概要や動向、分煙の必要性について解説します。

健康増進法の改正により喫煙のルールが厳しくなり、ホテルでも客室以外は原則屋内禁煙になりました。しかし、喫煙を望む宿泊客もいるため、喫煙者と非喫煙者のどちらにも満足してもらえるよう対策が必要です。そこで本記事では、ホテルでの喫煙場所のルール、喫煙所設置の条件や助成金、分煙キャビンなどについて説明します。

日本では業界・業種を問わず、分煙化・禁煙化が進められています。この記事では、レストランで分煙・喫煙スペースを設けるために必要なこと、喫煙室に求められる基準などについて解説します。

店舗や施設での分煙は、2020年4月1日より全面施行された改正健康増進法に従わなければなりません。この記事では、分煙に関する正しい定義や、改正健康増進法に基づく分煙のルールなどについて紹介します。

2020年4月1日より改正健康増進法が全面施行され、屋内は原則禁煙となりました。屋内で喫煙するためには、しっかりと分煙できる喫煙室の設置が必要です。この記事では、国が認めている4種類の喫煙室の特徴や職場での喫煙の方法、喫煙室の設置が難しい場合の解決法を解説します。

喫煙者特有の臭いは、非喫煙者にはときとして耐え難いものです。しかし、臭いの問題はデリケートであるため、悪気なく職場のメンバーに我慢を強いているケースも少なくありません。喫煙に関する臭いの問題は、喫煙者本人が自覚したうえで、対応を取ることが大切です。この記事では、喫煙者の臭いのおもな原因や、周囲への影響を抑えるための対策を解説します。