分煙について

2019年01月07日

喫煙所・喫煙室を設置する際に気をつけること

2020年4月に全面施行される、厚労省の「受動喫煙防止法」および東京都の「受動喫煙防止条例」。全面施行を目前に控え、街中でも屋内外に喫煙所が新設されているのをよく見かけるようになりました。多くの店舗や施設でも、今から2020年までの間に喫煙所の設置を検討している所は多いでしょう。
この記事では、これから法令や条例に則して喫煙所・喫煙室を設置する際に気をつけたいポイントについてご説明します。喫煙所・喫煙室のタイプ別にメリット・デメリットを挙げながら、具体的な注意点もご紹介します。

開放系屋外喫煙所について

開放系屋外喫煙所とは、壁で区切らず灰皿や簡単な仕切りだけで作られている、屋外にある喫煙所を指します。開放系屋外喫煙所のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

・メリット:外気によってタバコ煙を希釈して受動喫煙を防止する方法なので、空気清浄機などの設備投資やランニングコストを抑えることができます。また、収容人員などの柔軟性があります。

・デメリット:希釈が少ない段階でタバコの煙が外に漏れると通行人への受動喫煙になってしまいます。また、喫煙者は天候等に影響を受けるため快適な喫煙ソリューションではありません。

煙がすぐに外気に流れていく点が、この喫煙所のメリット・デメリット双方の要因となっていることが分かります。

【開放系屋外喫煙所設置時の注意点】

・建物から離れた場所に立てること

空気の流れに乗ってタバコの煙が外気へと流れていくため、建物が近くにあれば屋内に煙が入りやすくなる可能性があります。そのため建物からは、十分な距離を設けて設置する必要があります。

・人通りが多い所への設置は避ける

人通りが多い所で開放系の喫煙所を設けると、通りすがりの人が煙のにおいなどの影響を受ける可能性があります。人通りの多い所は避けるようにして、設置を考えるようにしましょう。

屋外喫煙所(閉鎖型)について

閉鎖型の屋外喫煙所とは、屋外にありながら壁や天井で完全に外気から仕切られる状態となる喫煙所を指します。屋外喫煙所のメリットとデメリットは、以下のとおりとなります。

・メリット:気流に影響を受けることがなく、タバコの煙が屋外に直接漏洩してしまうことを防げる

・デメリット:建物を建てることになるため設置コストが高くつく点や、法令についての留意が必要な点また、空調機などを導入する事でランニングコストが発生する可能性があります。

【屋外喫煙所設置時の注意点】

・喫煙所内に給気口や排気口など、一定の気流を確保できる換気設備を設置すること

喫煙所の内部に気流を作って外に煙を排気できるよう、換気設備は必ず設置しなければなりません。室内の空気が隙間などから漏れることを防ぐためには、吸気設備よりも排気設備を設けて室内を陰圧に保つことが望ましいとされております。

・建物の近くに設置しない

こちらも、排出した室内の空気がタバコの煙を含むため、開放系喫煙所と同様に、排気が建物に流れ込むような近距離には設置しないようにしましょう。

屋内喫煙所について

屋内喫煙所は、壁で完全に仕切る形で建物内に設ける喫煙所を指します。屋内喫煙所のメリットとデメリットは、以下のとおりとなります。

・メリット:天候にも左右されず、喫煙室を効率良く配置することで移動時間を軽減できます。

・デメリット:壁で完全に仕切るため設置費用がかかる点や、法令についての留意が必要な点
空気清浄機やエアコンなどのランニングコストもかかります。

【屋内喫煙所設置時の注意点】

・給気口や排気口など、一定の気流が確保できる換気設備の設置が必要

喫煙所の内部に気流を設け、効果的に内部の空気を換気できるようにします。ただし、タバコの煙をそのまま喫煙所の外に排出すると分煙の意味合いが損なわれるため、排気時にはできるだけ煙のニオイや有害成分が取り除かれた状態にする必要があります。また、室内でタバコ粉塵を捕集することで、排気量を減らすことが可能になります。

・適切な稼働や定期的な点検を行うこと

分煙効果を高めるために、効果的に使い点検やメンテナンスもまめに行う必要があります。喫煙所の換気を意識的に行うようにし、適切な維持管理を心掛けなければなりません。

喫煙所設置の助成金

受動喫煙防止対策助成金制度の詳細や、助成金を受けるための条件についてはこちら
https://www.qleanair.jp/guide/law/episode01.php

まとめ

この記事では、2020年の受動喫煙防止法・受動喫煙防止条例の全面施行に向けて喫煙所の設置を考えている方のために、これから喫煙所・喫煙室を設置する際の注意点についてご紹介しました。
喫煙所・喫煙室を設置する際も、受動喫煙防止の性能を高めるにはそれなりのコストを要します。クリーンな空気を実現するためには、助成金制度の活用なども視野に入れながら設置の計画を立てていくことが大切になるでしょう。